[ホーム] > [製造工程] > [表面処理] 
    ユニクロ


下地に電気亜鉛メッキを貼りフッソ化物を含んだ溶液でクロメート処理を施します。クロメート被膜はシルバー色です。皮膜の主成分はクロム酸クロムで組成割合の低い処理剤で光沢を得たものです。

 
    クロメート


下地に電気亜鉛メッキを 貼り、その上に化成処理であるクロメート処理を施します。皮膜の主成分はクロム酸クロムで、その組成割合によって、色調は変化し塗装の密着も良いです。

 
    三価クロメート


三価クロメートとは、通常、亜鉛メッキ後の後処理として耐食性付与のため、三価クロムのクロメート(クロム酸塩)の薄い皮膜を付けることをいいます。外観色調はユニクロに近いものとなります。

 
    ジンク塗装


ジンクリッチプライマーやジンクリッチペイントは、塗料中に配合された金属亜鉛が電気化学的な防食作用を発揮して、鋼材を防食する優れた下塗り塗料です。厳しい環境や長期の耐久性が要求される腐食環境に対する塗装系として、エポキシ樹脂塗料やポリウレタン樹脂塗料上塗りおよびふっ素樹脂塗料上塗りと組み合わせる、重防食塗装系の下塗りとして最適な塗料です。

 
    溶融亜鉛メッキ


鋼材の表面に亜鉛の合金層を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制します。 屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されております。