丸棒より切断した素材を900℃以上に加熱して、金型によって圧造加工した製品を熱間鍛造品と呼びます。