[ホーム] > [製品紹介] > [熱間鍛造製品] > [特徴と製造範囲] 
熱間鍛造(hot forging)        

熱間鍛造とは、SS、SC、SCM、SUS材を含む特殊合金鋼等を900℃〜1200℃の温度まで高周波加熱し、鍛造機により圧力を加えて成型する加工方法です。  
 
 

特徴
 
特殊形状、特殊材質、太径、長尺製品の製造に最適です。自由に変形させる事が出来るにも関わらず、安定したファイバーフロー(金属組織)を有します。また製造工程中に生じる屑も少なく、有毒ガスや環境ホルモンを発生しない非常にエコロジーな製品です。  
 
 
 
   
   
       

製造範囲
   
最小径 10_ 〜 最大径 36_    
       
最長 720_ まで